家系図作成は専門家に依頼した方が良い

by:

作成家系図生活/暮らし

自分の家系図を作成する場合、どこまでできるか疑問に感じる人もいるでしょう。手当たり次第に行ったとしても、良い結果が得られるわけではなく、しっかりとした家系図作成における知識が必要になります。家系図作成において1番重要になるのは、目標を明確に定めることです。自分の先祖を調べようとすればある程度深いとこまで調べることができるかもしれませんが、昔になればなるほど調べるのは困難になります。

途中からは専門家の知識がないと無理といった部分があるでしょう。もし、大正時代は明治時代位までの人物を調べたい場合は、それこそ一万円程度のお金があれば調べることができます。しかも自力でできますので、そこまではなんとしてでも行った方が良いかもしれません。江戸時代の中期江戸時代の初期ごろになると、明治時代にできた戸籍制度が何の役にも立ちません。

女時代にできた戸籍制度でさかのぼることができますが、さかのぼることができてもせいぜい江戸時代の終わりぐらいつもり1840年ぐらいまでになるわけです。その頃生まれた人が明治時代の初期頃の戸籍に名前を連ねているだけで、それ以前の事はまず分かりません。例えば1700年代の出来事など、明治時代の戸籍謄本等に抱えているわけがないのです。江戸時代になると、もはや昔の古文書を調べるかお寺などがある場合は菩提寺のお寺を探し、そこで話を聞きお墓等があればそこから推測するしかありませんので、やはり専門的な知識と経験が必要なところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です