家系図の作り方について

by:

作り方家系図生活/暮らし

家系図に興味ある人はほとんどいないでしょう。ましてや家系図なんかあるの、といった感じです。せいぜいあったとしても三世代くらいまです。皇族や著名人らは先祖代々の家系図が引き継がれているので現存しています。

では今から作りたいといった人にはどのようなアドバイスがいいのでしょうか。家系図はプロの専門家という方がいます。そのような人にお任せすると、遡っていろいろな資料から作っていきます。作り方には要領がありますから、作り方に関しては心配するようなことはないです。

ただし資料を揃えてほしいのです。いつどこで亡くなったのかなど、たくさんあればあるほど詳細なものを作れます。出来上がった家系図はとにかく素晴らしく、感心してしまうくらいです。一生の宝として後世に引き継いでほしいものです。

作り方は場合によっては企業秘密みたいなものがあります。役所に出かけて戸籍を得ることもできます。色々な事を行ってくれますか、クライアント側の要望を断らないといった考え方がほとんどのようです。これを機に先祖から現在の自分がいることを勘案してしますと、何か不思議な縁の感じがします。

今の自分がいるのは先祖様がいたからです。そのようなことを考えると、このような作業は非常に重要な任務と言えるかもしれません。今の自分を見つめ直す、いい機会であるといっても過言ではないです。そう考えると、もっと大きく羽ばたき、未来に向かって突っ走ることがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です