家系図の作り方について

by:

作り方家系図生活/暮らし

「自分のルーツを調べてみたい」「自分の祖先が誰でどんな人かを調べてみた」という人は少なくないようです。そんな方は是非、家系図つくりに挑戦してみることをおすすめします。とはいうものの、どうやって作ったらいいのでしょうか?作り方は決して難しくありません。まず作り方の最初の手順としては、戸籍をさかのぼることからスタートします。

ご自身で調べるにはご自身の本籍地のある役所に出向く必要がありますが、必ずしも出向かなければいけないというわけではなく郵送での手続きも可能です。次に、戸籍を受け取ったならその戸籍を読み解く作業を行いますが、戸籍が編製された年式ごとに読み方にポイントがあり効率よく読み解くことが可能になります。まずは、取り寄せた戸籍を年代ごとに整理してご自身とのつながりを確かめながら情報を精査していきます。この際に大きな紙に書いて書いていくなら、効率よく家系図を作成できます。

そして最後に、家系図を書いていきますが、特に決まった書き方はありませんが関係性を把握しやすくなおかつ、見た目にも美しくなるように仕上げていくのですが、手書きが難しいという場合にはインターネットなどの無料アプリなどを活用するというのも方法です。作り方は決して難しくはありませんが、調査する作業が多いので時間がない方には大変かもしれません。そんな時には家系図作成のプロに依頼するというのも一つの方法ですので、ぜひ依頼してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です