本格的な家系図をつくるために必要なこと

by:

家系図本格的生活/暮らし

家系図は自分のルーツを知ることにもなり、また家族の歴史を知ることもできるので大変興味深く、知的な趣味として時間をかけてご自身で作成に取り組む方もいらっしゃいます。もちろん専門業者もいますので外部に発注して作成することも可能です。自分で取り組むのかあるいは外部に発注するのか、いずれにしてもまずは自分がどのような家系図が欲しいのかということを確認することが必要です。というのも必要な戸籍を取り寄せ、それを読み解いてまとめていくことでだいたいのつながりまではわかるのですが、そのような大まかな家系図ができればそれでよいという場合と、もっと本格的なものが欲しいという場合では状況が異なってきます。

もしご自分で作成するのであればその作業内容が変わってきますし、業者に依頼する場合にはそのような本格的なものを手掛ける業者を選ばなければいけません。本格的な家系図が欲しいという方は、例えばご先祖がどのような職業についていたのか、どのような人柄だったのか、また歴史上の出来事や人物との関わりや名字の由来などについて知りたいとお考えだと思います。そのような場合に必要な作業は、文献を調べて家系をより詳しく調査すること、親戚や本家や菩提寺に行って聞き取り調査をすること、そして現地に赴いて調査をすることなどです。祖父母が昔話してくれたことや見せてくれたもの、親戚から聞いたことのある話や家紋や名字についての由来の話など、自分が記憶している情報を集めて精査してみることも有効です。

本格的な家系図を作るためには、戸籍調査以上の詳しい調査がメインになってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です