家系図は無料ソフトで作れる

by:

家系図無料生活/暮らし

家系図とは、系図ともいい、一族の先祖から子孫までの繋がりを図面で可視化したものを言います。日本では先祖代々からの一族の繋がりを直線を用いたグラフの様に書き記すのが一般的で、同じ苗字の家系に属する一族の他に、婚姻関係を結んだ者やその家族、親戚なども書き入れます。親、兄弟、親戚との家族との繋がりを知ることが出来るもので、自分自身のルーツを知る、記録として残しておくことで相続の際にも役立ちます。また、生年月日や個人情報など細かな情報を付け足すことで遺伝や疾患などの系統を知り、病気の把握などにも役立ちます。

用途は様々ですが一族の情報源として用いるのに非常に便利なものです。では、この家系図を自分で作ろうと思った時にどうすればいいのでしょうか。まずは戸籍謄本を用意する、実際に家族を調査する、などで資料をそろえることが基本となりますが、1つ目は作成自体を専門家に依頼する、という方法。2つ目は有料ではありますが作成用のソフトが販売されていますので、購入してソフトの指示に従って作るという方法です。

3つ目は無料で配布されているソフトを使う方法です。インターネットで、家系図、無料作成、などと検索すると無料作成ツールが出てきますので、お好みのものを使うと良いかと思います。また、マイクロソフトのオフィスシリーズでエクセルを持っている場合、エクセルで家系図を作れる無料のテンプレートなども配布されていますので、そちらをインターネット上からダウンロードするのもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です