家系図を作るための家系調査とは

by:

家系図家系調査生活/暮らし

古くからある名家と呼ばれる家には家系図が存在しますが、そのような家柄ではなくても、日本で数少ない苗字の方や、漢字が変わっている苗字の方は、「自分の苗字にはどのようなルーツがあるのだろう」と一度くらいは気になった方も多いのではないでしょうか。日本全国に多い田中や山田さんであれば、漢字に田んぼの田や山が入っているため、もともと農業を営んでいただろうことはなんとなく予想がつきますが、漢字を見てもルーツが予想できない家もあるものです。気になっている方は、家系調査を行い、家系図を作成されてはいかがでしょうか。きっと面白い発見があるはずです。

とは言っても、実際にどのように家系調査を行い、家系図を作ればよいのかは、専門家ではない限り思いつかないものです。まず最初にやって欲しい家系調査は、戸籍謄本を取り寄せることです。家によっては江戸時代まで辿ることが出来ますし、残存している史料の多い苗字であれば、なんと大化の改新まで辿ることは可能です。昔は貴族など身分の高い人しか苗字を持っておらず、その貴族から苗字を賜ったり、恩を受けた方から一文字もらったりすることで平民にも苗字が広がっているため、歴史の長さはもともとの出身によって異なるのです。

戸籍謄本を辿る以外には、実家の近所に古くからある酒蔵など、その土地に代々根付いたお店の方に町の事情を聞くのも手です。そうして苗字のルーツを知れば、面白いことが分かるかもしれません。家系図の家系調査のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です